ホーム

なぜKRMは米国の大学への進学を勧めるのでしょうか?他の地域、例えば欧州への大学は進めないのですか?
KRMが米国の大学への進学を勧めるには大きく3つの理由があります。まず第一は、米国自体が多民族の国家であり、さまざまな人種、さまざまな文化的背景を持った人で成り立っている国だということです。つまり米国大学で学ぶという体験をすること自体が、国際性を身につける近道だからです。第ニ番目の理由は語学の問題です。日本で教育を受けている人にとって、最も学習している言語は英語です。英国以外の欧州の大学で学ぶ場合、その国の言葉を習得する必要があります。第二外国語でアカデミックなことを学ぶのは非常に高いハードルです。第三番目の理由は、若干技術的な話ですが、米国の大学の出願手続きがほぼ同じ形式だからです。つまり、効率的に複数の大学に併願することができます。
もちろん、英国の大学に進学したいという方もいるでしょう。こうした方には個別に相談にのります。
リベラルアーツって何ですか?
米国でも最も有名なリベラルアーツ・カレッジの一つであるアマースト大学の教授だったヘンリー・スティール・カマージ(Henry Steele Commager)氏は、リベラルアーツを以下のように定義しています。
"A liberal arts education trains you for nothing but prepares you for everything"
つまり「何かの職業に対する訓練をするための教育ではなく、人生においていかなる問題にも立ち向かえるような教育」ということです。
知識を習得するだけでは、われわれの暮らす社会に貢献できる人間にはなれません。さまざまな歴史、文化、科学、社会を学び、幅広い教養と学際的な知識を身に付けることを通して、多様な考え方や価値観を受け入れる人間としての土台を築き上げることががより求められると KRMは考えています。
英語力に不安があるのですが、それでも受験資格があるのでしょうか?
受験することは可能です。しかしほとんどの大学は、英語が母国語でない受験生の英語力をチェックするためにTOEFLのスコアを要求します。もちろん、米国での大学生活を目指すわけですから英語に磨きをかける必要があるのは当然のことです。大学に入学したら大量の教科書を読み、レポートを書きそして授業での発言を求められます。特に、帰国子女で無い方にとってはTOEFLでいいスコアを取得するにはかなりの勉強する必要があります。しかし英語は知識の取得をはじめコミュニケーションの手段であって、それ自体の習得を目的ではないという心構えで、準備を進めることが大切です。
学費はどのくらいかかるのでしょうか?
ほどんどの大学生は大学から奨学金を受けているか、ローンを借りています。多くの大学は海外の学生に対しても金銭面での支援をしています。金銭的なことを理由に挑戦することを諦めないで下さい。
日本の大学への受験も考えています。日米両大学の受験は可能でしょうか?
もちろん可能です。ただしその負担は大きいことを覚悟しておいてください。ほとんどの米国の大学の通常の願書締切日は12月31日か1月1日です。願書は夏頃に提供されるので締切日までに提出すればいいのですが、米国の大学は論文や推薦状が必要になります。多くの大学を受験するのであればこうした書類の準備に思ったより多くの時間をとられます。
もし希望校に入れなかったらどうすればいいのでしょうか?浪人することになるのでしょうか?
一般的にアメリカでは、浪人することはありません。大学を選ぶとき、高い確率で受かると思われる大学も候補に入れて受験するべきです。大抵の学生は6校前後受験します。そのうちの1,2校は自分なら必ず受かるであろう、“safety school”を含みます。無論、safetyでも自分が行きたいと思う大学を選ぶべきです。
課外活動が重要だと聞いたことがあります。私は日本の高校に通っており一つの部活に所属しています。これは不利ではないのでしょうか?
決してそのようなことはありません。大学サイドは国によってシステムが異なっていることは充分理解していますし、そうした情報をベースにあなたの願書を評価します。ただし、そのことについて願書で言及しておくべきでしょう。どれだけの数の課外活動に参加したことよりもより重要なのはどれほどその活動に貢献したのか、またそこでどのような役割を果たしたのか、そしてその活動に対するあなたの熱意です。
いつから準備を始めるべきなのでしょうか?
英語が母国語でないわれわれにとって、早ければ早いに越したことはありません。特にTOEFLやSATを受験しなければならないからです。ただ、もしSATや学校でいい成績を修めたのであれば、願書申し込み期限の一年くらい前から準備すれば大学の選択とその準備をすることができるでしょう。
受験に際して専攻を決める必要がありますか?
いいえ。願書では興味のある分野は聞かれるかもしれませんが、それに拘束されるわけではありません。卒業要件を満たす限り大学に通っている間で専攻を変更することは可能です。この点は日本の大学と大きく異なる点でしょう。
B.A.とB.S.の違いは何ですか?
B.A. (Bachelor of Arts)は社会科学系、人文科学を専攻した学生に授与される学位です。一方B.S. (Bachelor of Science) は自然科学を専攻した学生に与えられる学位です。

▲ このページの先頭へ

KRMが考えるリーダー

米国進学のススメ